前回に引き続き、コマツノリユキさんのゴルフレッスン動画です。
今回はスイングプレーンの考え方の動画を4本続けて紹介します。

ダボ助は、バックスイングのヘッド軌道が気になる事が多いのですが、この動画が非常に参考になりました。
ダボ助と同じゴルフ初心者や、ボールの打ち出し方向が安定しない方にも参考になると思います。

③スイングプレーンを考える1


本来ゴルフスイングは、肩の回転につられて腕・クラブ(ヘッド)を動かす事が出来れば綺麗にプレーンに乗り、効率良くボールを捕らえる事が出来ると思います。
しかし、強く・速く振りたいと意識する為か、力が入って余計な動きをしてしまう事でプレーンから外れてしまうのだと思います。

また、前傾して軸を傾けた状態でスイングしますので理解する事が難しくなります。
そこで、まずはスイングプレーンとは何なのか?…を理解する為に、軸を傾けない状態での説明となっています。

テーブルを前に置き、前傾しない状態でクラブをテーブルと平行(グリップエンドはヘソを指すように)にしてアドレスします。
そのテーブルの上にボールがあると仮定し、そのボールを真っ直ぐに飛ばしたいとすると身体(肩)を回して打つ事になります。
この時に腕を上げたり下げたりする事なく、常に身体の正面にクラブがある状態でテーブルの天板と平行に動くと思います。
これがスイングプレーンなのですが、余計な動きしてしまうと天板と平行にクラブが動かなくなり、プレーンから外れてボールに当てるのが難しくなるのが理解できると思います。

PR☆ダフってもトップしてもピンに寄るアプローチ

④スイングプレーンを考える2


③では、軸を傾けずにテーブルを使ってスイングプレーンについて考えましたが、実際のゴルフスイングはボールが地面にある為、前傾しないとボールが打てません。
そこで軸を傾ける事になるのですが、前傾した分テーブルも傾いているとイメージするとプレーンが見えてくると思います。
腕の上げ下げなど余計な事をしないで身体の回転に同調させてクラブを動かします。

テークバックからハーフウェイバックまでは身体の回転だけでクラブを上げていきましょう!
なお、ここまでグリップエンドはヘソを指したままですよ!

PR☆絶対!100切りプロジェクト

⑤スイングプレーンを考える3


③④でテークバックからハーフウェイバックまでのスイングプレーンは理解できたと思います。
ここまでは全く腕を使わずにクラブを動かしていましたが、身体の回転だけではこれ以上クラブを上げる事が出来ませんので、大きなトップを作る為に腕を使っていきます。

腕の使い方で重要となるのが右腕の肘。
右肘を基点(支点)にしてトップまで上げていきます。
上げると言っても腕を振り上げるイメージは全く無く、肘を支点にして前腕を裏返すイメージに近いでしょうか?
この時シャフトを立てたり寝せたりする事なく、ハーフウェイバックまでのスイングプレーンと平行のまま維持できると理想的です。
ここでは前傾していませんのでテーブルの天板と平行のままトップまで上げていけると良い訳です。

余計な動きを極力しないままトップを作れたら、切り替えし→ハーフウェイバック→インパクト→フォロースルー→フィニッシュまでプレーンを崩さない(天板と平行を維持)ようにスイングしていくとオンプレーンスイングとなります。

PR☆飛距離革命+30

⑥スイングプレーンを考える4


いよいよトップオブスイングまでのスイングプレーンを、実際のスイングのように前傾しての説明です。
やはり前傾した分、テーブルの天板が傾いているとイメージしてください。

トップでのプレーン(シャフトの角度)が判らなくなってしまったら、一旦前傾せずに地面とシャフトが平行になるトップを作り、手首・腕・肩を固定したまま前傾してみましょう♪
このようにチェックを繰り返す事で正しいプレーンを身体に覚えこませましょう! <つづく>

Together to enjoy the golf !! ダボ助