中井学プロゴルフコーチのドライバー講座Vol.2、スライス矯正編「横振りなら曲がらない!」です。(7:40)


ゴルフをしていると、【クラブは縦に】【身体は横に】という言葉を聞いた事があると思います。
そして、それを意識してバックスイング・フォロースルーでクラブを立てようと頑張っている方も多いと思います。

しか~し!それがスライスや飛距離が出なくなる原因になってしまうと中井プロが仰っていますΣ(゚□゚(゚□゚*)ナニーッ!!
感覚的な事なのでクラブを立てるのは間違いではないとの事ですが、意識しすぎてヘッドを戻せなくなりスライスになってしまう方が多いそうです( ̄へ ̄|||) ウーム

では、どうするか??
まずクラブヘッドを目線の高さに保って連続で水平素振りします…完全な横振りですね!
そこから、自分が普段スイングしている高さまで少しずつ戻して(前傾して)いきます…連続素振りしながらですよ!
前傾姿勢を保ったまま続けると、当然ですが自然にクラブが上がって(トップ)下がって(インパクト)上がる(フィニッシュ)動作の繰り返しになります。

実はこれが、クラブは横に振り、肩は縦に回るという動作が自然に出来ているのです。
つまり、クラブを横に振る動作に前傾姿勢が加わる事で身体(肩)が縦に動く事になるという事です。
意識するのは横振りですよ(*’-‘)b OK!

…という事で今回のレッスン動画では、ドライバーのスライス対策に、

・クラブを立ててスイング→×
・クラブは横に振るイメージ→◎

でした。

Together to enjoy the golf !! ダボ助