長岡プロのゴルフレッスン、「アイアンの打ち方」です。(2:39)


7Iを使って、アイアンの打ち方のレッスンです。

まずは構え方について。
ボールをスタンス中央から少し左脚寄りに置きます。

グリップを左脚付け根辺りで握り、ハンドファーストファーストにします。
この時、顔がボールの右後方になるようにします。

背筋を伸ばして骨盤から前傾し、膝の折り過ぎに注意してスクエアに立ちます。
目標後方から見た時に、腕を真下に下ろした所でグリップ出来ているか?も確認しましょう!

次にスイングについて。
アイアンはダウンブローでインパクトを迎えなくてはなりません。
ですが、ボールを上げたい気持ちが強くなり、右脚体重のまま上に向かってスイングしたくなります。
これでは、すくい打ちになってミスショットの可能性が高くなりますね( p_q)エ-ン
ダフリやトップの原因になりますので注意が必要です。

しっかり肩を回し、左手首のコックをキープしたままインパクト付近まで下ろし、上からぶつけるイメージでのスイングが重要です。
ロフトが勝手にボールを高く上げてくれますので、スイングで上げようとせずに体重を左脚にのせ、左の壁を意識しながらビハインドザボールでボールを捉えましょう♪

なお、スイングプレーンについては、インサイドアウトが強すぎるとすくい打ち、アウトサイドインが強いと打ち込み過ぎになりますので、ハーフウェイバック・ダウンスイングでシャフトと目標が平行になる場所を通るよう意識しましょう!

…という事で今回のレッスン動画で、アイアンの打ち方

高くボールを上げる為に、アッパーブローを意識する→×
しっかり左脚に体重を乗せてから回転し、上から打ち込む→◎

でした。

Together to enjoy the golf !! ダボ助