長岡プロのゴルフレッスン、バンカーショット「アゴの高いガードバンカーからの打ち方」です。(4:27)


顎が高いガードバンカーは、高いボールを上げなくてはなりません。
その思いが強くなると、ヘッドアップが起こりやすくなります。
これは身体が起き上がり、ミスショット(トップ)を誘発してしまいますので注意しなくてはなりません。

特にピンが近い場合は、更に高いボールが必要になります。
では、どのようにスイングするのでしょうか?
・フェースを開く
・開いたフェースと同じだけオープンスタンス
・スタンスは広め
・ボールは左寄り
・重心はやや左側(ただし、物凄く高い顎の場合はセンター)
しっかり腰を落として少しボールから離れてアドレスする事でヘッドが緩やかに入り、ボールを上げやすくなります。
高いボールを打つ為には大きなスイングでしっかり振り抜かなくてはなりませんが、注意点が1つ。
インパクト時に右脚の踵が上がってしまうと、前傾角度が崩れて上体が起き上がってしまいますのでベタ足を心がけましょう(*’-‘)b OK!
あとはコックを早めに入れてスタンスなりに左へ振り抜くのですが、ボールの手前5cmを目掛けてスイングしましょう!

…という事で今回のレッスン動画では、顎の高いバンカーからのショットは、

・ミスにならないようにボールに近づいて打つ→×
・前傾角度を崩さないように大きなスイングでしっかり打つ→◎

でした。

Together to enjoy the golf !! ダボ助