長岡プロのゴルフレッスン、アプローチショット「ロブショットの打ち方」です。(5:07)


誰もが憧れるアプローチ、ロブショットの打ち方についてです。
ふわっと上がってキュッと止まるショットは格好いいですよね!
しかし、ミスショットになりやすい難しいショットですので、どうしても上げる必要がある場面以外では使わない方が良いのかも知れません。

では、観ていきましょう。

まずは、クラブのフェイスを開きます。
高くボールを上げようとする程、開く度合いも大きくなります。
スタンスはオープンスタンスで、身体全体が目標方向よりも左を向きます。
ボールの位置は左側で、重心は左右均等です。
高い玉を打ちたい訳ですから、左肩を上げて構えます。
ある程度ボールとの距離をおき、腰を落とします。

スイングはスタンスなりです。目標方向に向けて振るのは間違いです( ̄× ̄)b゙NG!!
コックを早めに入れて大きく振るのですが、その際にフェイスは終始自分の顔に向いている事になります。
また、ロブショットの場合は中途半端な振り幅ではなく、フルショットに近いくらいしっかり肩を回し腕も高く上げ、フィニッシュまで振り抜きます
フェイスを開いてロフトが寝ていますので、大きなスイングでボールの下をくぐらせるイメージとなります。
これで、ボールは上に高く上がりますが距離は出にくくなります。

ただし、ボールが沈んでいたり薄いライの時は、ダフリ・トップといったミスになりやすいです。
大きく速く振っているので、トップしてしまうと予想外の距離が出てしまいますので非常に勇気のいるショットになります。

なお、トップを防ぐ為に終始ベタ足スイングを意識してください。
ヘッドアップも厳禁です( ̄× ̄)b゙NG!!

…という事で今回のレッスン動画で、ロブショットの打ち方

・肩のラインで打ち出し角をイメージし、スタンス沿いにベタ足で大きく振り抜く

でした。

Together to enjoy the golf !! ダボ助